エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2003年05月13日

カテゴリ : 成形不良対策

第135回 成形不良の解決対策(光沢不良)

 成形品の表面は、キャビティの表面が転写されて美しい形状と光沢が得られるのが理想ですが、場合によっては表面の光沢がくもっていたり、光沢むらが発生することがあります。

 特に化粧面であって外観品質が重要な成形品では、光沢不良は重大な欠陥になってしまいます。

 光沢不良に対する解決対策としては、下記のような手段が考えられます。

(1)金型に関連する対策
1. エアベントがないか、不足している。
2. ゲートが小さい。
3. スプルー、ランナーが細い。
4. キャビティのめっき状態が良好でない。
5. キャビティ表面の磨き状態が良好でない。
6. キャビティ表面にデポジット(やに)が付着している。

(2)射出成形条件に関する対策
1. 計量が不足している。
2. クッション位置が短すぎる。
3. 保圧が低すぎる。
4. 保圧時間が短い。
5. キャビティ表面温度が低い。
6. 成形材料の予備乾燥が不十分。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る