エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2003年08月12日

カテゴリ : 技術トピックス

第147回 金型設計の設計コンセプト

 金型設計は、成形品を所望の仕様で、要求されたコスト内に収まるように金型のアイデアを具現化していく思考作業ですが、検討すべき内容は、以下のような要素に分類されると思います。

機能設計・成形品の寸法維持
・ランナー・ゲート構造の検討
・突き出し方法の検討 など
意匠設計・3次元形状デザイン
・外観品質の検討(光沢面、梨地、エッチングなど)
・形状転写の検討 など
強度設計・キャビティ・コアの変形・破壊
・モールドベースの変形 など
熱設計・金型に対する熱収支の検討
・成形品冷却能力の検討
・温度制御手段の検討
安全設計・フックボルトの強度検討
・型開き防止構造の検討 など
メンテナンス設計・保守部品構造の検討
・スペアパーツの検討
・分解組み立て性の検討
・再現性の検討 など
コスト設計・金型コストの検討
・成形品コストの検討
・標準部品の採用検討 など

 金型設計は、単に成形品の形状を作りだす空間をこしらえるのではなく、上記のような観点から様々な検討を思考することが大切です。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る