エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2003年11月04日

カテゴリ : 成形材料

第158回 成形材料とその用途〜PPS樹脂

 PPS樹脂(ポリフェニレンサルファイド)は、荷重たわみ温度が260℃近辺まで耐えられるスーパーエンプラです。
 架橋型、半架橋型、直鎖型の種類があります。
 はんだの融点よりも荷重たわみ温度が高いので、リフローはんだ用の表面実装対応の電子部品に多用されています。
 流動性が良いために、射出成形ではバリが発生しやすい特徴があります。
 金型温度は130〜150℃まで上げる必要がありますので、金型は油での温度調節やカートリッジヒーターによる保温が必要です。
 材料の価格は高価でしたが、量産効果によって最近ではリーズナブルな価格帯へ落ち着いてきています。

 主要な用途は、次の通りです。

■自動車部品

電装部品
エンジン周辺部品
ECUケース

■電気・電子部品

狭ピッチコネクタ
アルミ電解コンデンサ
CD用ピックアップユニット
光ピックアップユニットベース
押しボタンスイッチ

■その他

キッチン用水栓
混合栓
サーモスタット



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る