エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2003年12月16日

カテゴリ : 成形材料

第164回 成形材料とその用途〜ポリプロピレン

 ポリプロピレンは、軽量で耐熱性の良好な結晶性樹脂です。半透明なグレードもあります。
 ポリプロピレンは、特にヒンジ部の繰り返し疲労特性が良好で、他の樹脂に比べて優れた特徴を持っています。また、食品関係に使用しても安全性が良好なので、様々な容器類に利用されています。
 ガラス繊維による強化も可能で、自動車部品にはこのタイプが多用されています。
 溶融時の粘度が低いので、金型を製作する場合には、入れ子の分割面のクリアランスが大きすぎると、ばりが出やすいので注意が必要です。
 また結晶性ですから、金型の温度管理状態によって成形収縮率も変動しやすいので、留意をします。

 代表的な使用例としては、次のようなものがあります。

■自動車部品

電装用コネクター
ワイヤーハーネス

■電気電子部品

民生用コネクター
ヒンジ付き部品
電卓キートップ
半導体キャリア

■食品関係

食品容器
飲料水カップ
哺乳瓶



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る