エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2004年04月30日

カテゴリ : 成形材料

第181回 熱可塑性エラストマー

 熱可塑性エラストマー(略称:TPE)は、射出成形可能なゴム状の特性を有する合成樹脂のことです。
 自動車のタイヤに代表されるゴムは、化学反応によって固化させて成形するため、射出成形は一般的には不可能です。
 一方、TPEは、射出成形が可能で、熱可塑性がありますので、成形品の周囲にバリを発生させずに比較的早いサイクルタイムで成形加工が可能な材料です。
 スポーツ用品やシール部品、玩具、筆記用具等に採用される例が増加しています。すでに世界では143万トン(2001年)もの素材が消費されています。

 TPEがゴムのような柔軟な変形性を有する理由は、柔軟性成分(ソフトセグメント)と分子拘束成分(ハードセグメント)が成分中に存在するためです。

 TPEは以下のような種類があり、用途によって使い分けられています。

(1)スチレン系TPE(SBC)

 靴底、自動車部品、食品容器、筆記具グリップ、スポーツ用品等

(2)塩化ビニル系TPE(TPVC)

 電線被覆、自動車部品、家電等

(3)オレフィン系TPE(TPO)

 自動車部品、建築・土木部品、家電部品等

(4)ポリウレタン系TPE

 時計バンド、靴底、自動車部品等

(5)ポリエステル系TPE(TPEE)

 自動車部品、電気部品、工業資材等

(6)ニトリル系TPE

(7)ポリアミド系TPE(TPAE)

(8)フッ素系TPE

(9)シリコーン系TPE

 TPEは、様々な用途開発が盛んで、1000億円市場に到達するとの予測も出されています。金型や成形方法の開発も進んで行くものと考えられています。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る