エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2005年03月25日

カテゴリ : 成形材料

第212回 熱可塑性エラストマー

 熱可塑性エラストマーは、TPE(Thermo Plastic Elastmer)と俗称で呼ばれている、ゴム状の軟質特性を持った熱可塑性プラスチックです。
 一般にゴムは、熱硬化性であり、射出成形加工は極めて困難であるとされてきました。
 しかしながら、射出成形が可能で、ゴム状の成形品が得られれば、低コストで生産が可能であることから、TPEの商業化が様々に研究されてきました。

 現在では、下記のような種類のTPEが実用化されています。

オレフィン系エラストマー
文房具、雑貨、自動車部品、建築部品などに採用されています。
スチレン系エラストマー
ウレタン系エラストマー
スポーツ分野、アウトドア分野、医療分野、食品分野などで採用されています。
ポリエステル系エラストマー
硬度がやや高いのが特徴。通信分野、電気分野で採用されています。
塩化ビニル系エラストマー
耐候性、耐薬品性が良港。自動車分野、建設分野で採用されています。
アミド系エラストマー
硬いタイプと軟質タイプがあります。自動車分野で採用されています。

 TPEの国際的な需要は年率6〜8%程度と高い水準で成長を続けていますので、今後は射出成形でも重要な素材になってくる可能性があります。
 TPEは、金型からの離型が困難ですから、離型の構造を金型において十分に検討をする必要があります。また、金型の温度制御も重要になります。
 キャビティ、コアの表面粗さも適切に加工する必要があり、場合によっては表面処理も必要になります。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る