エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2005年04月15日

カテゴリ : 構造部品

第215回 置き駒によるアンダーカット処理

 成形品にアンダーカット部分がある場合には、スライドコアや斜め突き出し、強制突き出し等の機構を利用して、金型から成形品を取り外すことが行われています。
 しかし、複雑なアンダーカット形状の場合には、メカ構造で対処することが非常に困難である場合もあります。
 このような場合には、「置き駒構造」と呼ばれている古典的な手法で処理することができる場合があります。

 「置き駒構造」は、アンダーカット部分をコア分割し、成形品の突き出しと一緒に分割コア(置き駒)も取り出し、その後、手動で置き駒を外します。
 次の成形の際には、置き駒を金型内に再び取り付けます。
 したがって、置き駒構造の場合には、半自動の成形加工になるという欠点があります。
 ただし、所望のアンダーカット形状を一体成形品に設けることができますから、そのような特殊な構造がどうしても必要な場合には有効な手段になります。

 要約しますと、置き駒構造がその威力を発揮できる成形品は、次のような場合です。

1. 一般のスライドコア等の構造では、アンダーカットを処理することが困難な成形品
2. アンダーカット形状を有するが、生産数量が少ない成形品
3. 試作品用成形品

 置き駒は手動で取り付け、取り外しをしますから、駒の挿入部分の案内用逃げ加工や面取り加工などの工夫、はめあい公差の設定がノウハウになります。

 金型は全て自動生産に適応した構造でなければならないというわけではなく、アナログ的な手動工程を活用することで、所望の成形品を得ることもできるという知恵を知っておくことは、デジタル世代の設計者には重要な知見であると思います。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る