エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2006年01月20日

カテゴリ : 技術トピックス

第251回 金型設計の強度論

 金型は、プラスチック成形をするための精密機械ですが、その機能を維持するためには適切な強度を確保しておくことが必要になります。また、金型を取り付けたり、取り外したりする作業においては重量物になりますので、移動時に自重で変形したり破壊したりという突発的なトラブルによって人身事故が発生しないように十分な強度を確保していなければなりません。

 そのためには、経験と勘による強度確保のみでは不十分であり、材料力学を基礎とした強度計算を応用して金型を設計することが重要です。

 プラスチック射出成形金型の設計では、以下に挙げる材料力学的試験のデータを活用することが必要です。

■静的強度試験
引張試験
曲げ試験
せん断試験
圧縮試験
座屈試験
ねじり試験

■動的強度試験
衝撃試験
 -シャルピー衝撃試験
 -アイゾット衝撃試験
疲れ試験

■工業的試験
クリープ試験
磨耗試験 など。

 力学計算は、技術的に確立された経験式を採用すべきであり、計算結果に対しては所定の安全率を見込む必要があります。

 また、当然のことですが計算結果は「技術者の倫理」を遵守し、善良な意思の下に判断を下す必要があります。

 破損事故の防止や安全確保は、設計技術者の判断にかかっていますので、コスト重視の設計に偏重してしまい、最も重要な判断を鈍らせることがないように、自分を常に律する心構えを、日本の金型設計技術者には抱き続けて頂きたいと願っています。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る