エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2006年05月12日

カテゴリ : 金型材料

第266回 プラスチック金型用ステンレス鋼

 プラスチック成形金型では樹脂から発生するガスや腐食成分、大気中の水分が結露することによる金型部品表面の錆びや腐食に対抗するために、耐食性の良好な鋼材を採用する必要がある場合もあります。

 耐食性の良好な鋼種の代表としてはステンレス鋼があります。ステンレス鋼は、クロムが成分として13%程度以上含まれている鋼材で、表面に錆びにくい皮膜を形成することが広く知られています。

 プラスチック金型用途では、以下のステンレス鋼が多用されています。

(1)13Cr系ステンレス鋼

 13%のCrを含有するステンレス鋼で、マルテンサイト系ステンレスに属します。JISではSUS420J2が代表的な規格になっています。
 耐食性が良好で、加えてじん性が良好で鏡面性にも優れています。切削加工性も比較的良好です。  硬さは33HRC程度です。
 コアピン類、キャビティに使用されます。
 モールドベース部材に使用される場合もあります。

(2)17Cr−4Ni系ステンレス鋼

 17%のCr、6%のNiを含むステンレス鋼です。プリハードン鋼として使用されるケースが多い鋼種です。JISではSUS630が代表的な規格になっています。
 硬さは35HRC程度です。熱処理によって52HRC程度まで硬度を上げることができる鋼種もあります。

 ステンレス鋼は耐食性向上の他に、じん性改善の目的で細いコアピンに使用される例も多いです。ステンレス鋼の鋼種は、民間鋼材メーカーが各種のブランド名で販売をしていますので、特性を理解して採用することがポイントになります。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る