エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2006年06月02日

カテゴリ : 成形材料

第269回 形状記憶ポリマー

 形状記憶ポリマーは、ガラス転移温度(Tg)以上に温度を上げると柔らかくなり、Tg以下に温度を下げると硬くなり、形状が固定されます。再度温度をTg以上に暖めると、最初に賦形した形状に自律的に回復する機能を持っています。
 このような変化は、形状記憶ポリマーの弾性率の変化によってもたらされます。
 形状記憶ポリマーはこのような特徴を応用して、以下のような部品に採用されています。

スプーン
歯ブラシ
人工毛髪
付け爪
締結部品
玩具
宇宙展開構造体
エンジン用オートチョーク
医療用カテーテル
制振部材
眼鏡部品
スイミングウエア
おむつカバー
生鮮食品鮮度保持容器
花粉症対応マスク

 形状記憶ポリマーは、形状記憶以外にもガス透過性、屈折率、誘電率、体積膨張率、エネルギー散逸特性などに優れた特徴を有しています。
 今後は、宇宙用途、医療用途、生活用品などに、そのユニークな特性を活かした商品開発が進められていくと考えられます。

参考文献:『形状記憶ポリマー複合材の開発』プラスチックス、2006年1月号(島村宏之、石澤淳一郎、林俊一)



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る