エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2007年05月18日

カテゴリ : 技術情報

第315回 金とその合金

 金は、貴金属の代表的な存在として、装飾品、金貨などに多用されてきました。一方では電気の伝導性が良好であることから、金めっき等をほどこした電極端子などに利用され、半導体やコネクターなどにも大量に使用されています。半導体の封止成形や金属端子のインサート成形では、プラスチック材料と接触する機会があります。金は素材価格が高価なことから機械部品材料としては疎遠な感がありますが、ここでは一般的な金の物性について知っておきたいと思います。

金の一般的な性質
・耐酸化性良好
・耐食性良好
・展延性良好
・面心立方格子構造

金の種類成分引張強さ伸び硬さ
24カラット金
(純金)
金100%13.3kgf/mm245%25HB
18カラット金金75%、銅2.33%、ニッケル17.3%、亜鉛5.47%--220〜240HV
14カラット金金58.3%、銅23.5%、ニッケル12.2%、亜鉛6%--150〜170HV
10カラット金金41.7%、銅32.8%、ニッケル17.1%、亜鉛8.4%--130〜150HV
紡糸用金70%、白金30%65kgf/mm2--
歯科用合金1金79〜92.5%、銀3〜12%、銅2〜4.5%、亜鉛0.5%以下、パラジウム0.5%以下、白金0.5%以下21〜31.5kgf/mm220〜35%45〜70HB
歯科用合金2金65〜70%、銀7〜12%、銅6〜10%、亜鉛1〜2%以下、パラジウム10〜12%以下、白金4%以下35〜39.9kgf/mm29〜18%105〜115HB


紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る