エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2007年07月20日

カテゴリ : ミスミ商品ガイド

第323回 エクステンションノズル用スプルーブシュ−ロケート押さえタイプ

 「エクステンションノズル用スプルーブシュ−ロケート押さえタイプ」は、射出成形機のエクステンションノズル(延長ノズル)に対応させるために開発されたスプルーブシュです。エクステンションノズルは、射出ノズルの先端部に取り付けるタイプの延長ノズルのことですが、金型の固定側の内部までノズル口を進入させることができることから、コールドランナーのスプルー部を短くすることが可能となり、スクラップの減少、材料代の節約、サイクルタイムの短縮を図ることができます。
 エクステンションノズルに対応するためには、金型の固定側に特製のスプルーブシュが必要になります。
 今回開発した新商品では、ブシュの押さえをロケートリングで押さえる方法を採用していますので、固定側型板へボルト固定する必要がありませんので、着脱が簡素化されています。また、ブシュの取り付けスペースもコンパクト化されています。

 材質は2種類あり、SKD61(48〜52HRC)とHPM1相当(37〜43HRC)になります。金型の性格によって使い分けが可能です。
 スプルー先端直径は、φ2.5〜φ5まで0.5ミリ刻みに選択が可能です。スプルーのテーパー角度も1〜6°まで1°単位で選択ができます。

 またブシュのフランジ部と本体の段差部分の根元には逃げを設定しており、射出成形時の充填圧力や金型の熱膨張による応力集中を、できるだけ回避できるメカニカルデザインを施しています。また、この逃げ形状はブシュの組み込み時の作業性も改善させます。

 最近は原油価格の高騰によって、プラスチック原材料のコストも値上げが余儀なくされてきています。材料コストの低減や成形サイクルの短縮を図るためには、エクステンションノズルの活用が見直されてきています。




紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る