エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2007年07月27日

カテゴリ : 技術情報

第324回 面の密封方法

 プラスチック射出成形金型の内部構造として、空気やガス、水や油等の流体を面で密封する必要がある場合があります。

密封が必要な例

・ガスを真空吸引をする場合
・空気断熱をする場合
・潤滑油を遮断する場合
・冷却水を漏水遮断する場合

 密封の方法としては、次のような手段が考えられます。

(1)静止面の密封
1. 永久静止面の密封
相互変位のある場合
相互変位のない場合

2. 着脱静止面の密封
間接密封
直接密封

(2)運動面の密封
1. 回転運動面の密封
接触型密封

硬質密封(メカニカルシールなど)
軟質密封(パッキン、ゴムシール、Oリングなど)
液体密封(シリコーングリスなど)

非接触型密封

油溝
摩耗リング
ラビリンスシール
液体シール

2. 直線運動面の密封
ロッドシール
プランジャーシール



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る