エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2008年02月01日

カテゴリ : 技術情報

第349回 はめあい

 はめあいとは、2つの部品どうしを組み合わせる場合のクリアランス(すき間)の管理方法です。プラスチック射出成形金型を組み立てる場合にはたくさんの部品が組み合わされますので、言わば「はめあい」が多数存在しているということになります。

 はめあいは、部品間の適切なクリアランス量を確保することにより、部品の移動や固定がそれぞれ所望の状態になるように、科学的な裏付けによって部品設計を行うための指針となります。日本ではJIS B0401等で規定されています。

 はめあいには、基本的に以下の3つの方法があります。

(1)すきまばめ

 2つの部品の寸法公差がどのような状態であっても、かならずクリアランスを確保できるはめあいです。

エジェクタピン外形寸法とコア穴
コアピン外形寸法とコアピン穴
スライドコア外形寸法とガイドレール幅寸法 など。

(2)中間ばめ

 2つの部品の寸法公差の組み合わせによっては、クリアランスがある場合と無い場合があるはめあいです。

コアピンを叩き込んで組み立てる場合 など。

(3)しまりばめ

 2つの部品の寸法公差がどのような状態であっても、常にクリアランスが無い状態のはめあいです。

ノックピン外形寸法とノック穴 など。

 さらに、はめあいでは「軸基準はめあい」と「穴基準はめあい」の2方式があります。金型の設計では「穴基準はめあい」を採用することが大半です。
 JIS規格では、それぞれどのぐらいのはめあいで公差設定をすれば「すきまばめ」、「中間ばめ」、「しまりばめ」となるかの指針が具体的な数値(μm)で指標が示されていますので、設計時にはこれらを参考にすると良いでしょう。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る