エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2008年03月14日

カテゴリ : 標準規格

第354回 金型部品のはめあい

 金型部品が組み合わせて使用される場合、部品どうしのはめあい関係が生じます。
 はめあいは、部品どうしの求められる機能によって、「すきまばめ」、「中間ばめ」、「しまりばめ」の3種類に分類されます。さらに詳しくは、JIS規定で規定されているクリアランスの組み合わせによって、所望のはめあいを決めます。
 はめあいのクリアランスは、実際には樹脂の種類や金型構造などによって、ノウハウとして各企業で設計指針を決めている場合が多いのですが、一般的な目安としては以下のような推奨値も示されています。

■すきまばめ
金型構造推奨値
軽転合H7−e7
H8−e8
H9−e9
転合H6−f6
H7−f7
H8−f7
H8−f8
精転合H6−g5
H7−g6

■中間ばめ
金型構造推奨値
滑合H6−h5
H7−h7
H8−h7
H8−h8
H9−h9
押込H6−h5
H6−h6
H7−js5
打込H6−js5
H6−k5
H7−K6
H7−m6
軽圧入H6−m5
H7−n6

■しまりばめ
金型構造推奨値
圧入H6−n5
H6−n6
H7−p6



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る