エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2008年03月21日

カテゴリ : 標準規格

第355回 金型部品のはめあい

 前回は、金型部品のはめあい規格の推奨基準を紹介しましたが、今回は、それぞれのはめあいの具体的な状態について解説します。

■すきまばめ
金型構造具体的な状態
軽転合やや大きなすき間があってもよいか、あるいはすき間が必要な動く部分。
やや大きなすき間で、潤滑のよい軸受け部。
高温・高速・高付加の軸受部(高度の強制潤滑)。
転合適当なすき間があって運動のできるはめあい(上質のはめあい)。
グリス・油潤滑の一般常温軸受部。
精転合軽荷重の精密機器の連続回転部分。
すき間の小さい運動のできるはめあい。
精密なしゅう動部分。

■中間ばめ
金型構造具体的な状態
滑合潤滑剤を使用すれば手で動かせるはめあい(上質の位置決め)。
特に精密なしゅう動部分。
重要でない静止部分。
押込わずかなしめしろがあってもよい取付部分。
使用中互いに動かないようにする高精度の位置決め。
木・鉛ハンマで組立・分解ができる程度のはめあい。
打込組立・分解に鉄ハンマ・ハンドプレスを使用する程度のはめあい。
高精度の位置決め。
軽圧入組立・分解に相当な力を要するはめあい。
高精度の固定取付。

■しまりばめ
金型構造具体的な状態
圧入組立・分解に大きな力を要するはめあい。

プラスチック射出成形金型部品のはめあいでは、溶融樹脂のばり抑止やガスベントの関係などをさらに考慮する必要があります。
参考文献:『JIS使い方シリーズ・製図マニュアル(精度編)』



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る