エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2008年04月11日

カテゴリ : 成形材料

第358回 プラスチックの燃焼しやすさ

 プラスチックは、炭素や水素、酸素などからなる高分子であり、その多くは加熱によって燃焼します。燃焼のしやすさ(しにくさ)は、プラスチック製品の使用環境によって大変重要な因子となります。
 プラスチックの燃焼性は、様々な試験方法があり、用途によって使い分けられています。
 以下に主要な試験方法について概説します。

試験名試験方法
(1)ホットワイヤーニッケル−クロム線を試験片に5回巻き付けて、電流を流して着火する時間を計測する。
(2)ホットマンドレル300℃の円錐形状の棒を材料に接触させて、接触部分に高周波スパークを発生させて、材料と加熱ガスへの着火の具合を試験する。
(3)グローワイヤー550〜960℃の赤熱棒を押し付けて着火時間を計測する。
(4)ニードルフレーム細口ニードルバーナーの炎によって燃焼の有無を試験する。
(5)ブンゼンフレームメタンガス、プロパンガスなどをバーナーで燃焼させ、燃焼速度、残炎時間を試験する。
(6)高圧アークトラッキング5200v程度の高電圧を5分間通電して着火度を評価する。
(7)大電流アーク大電流を一定速度でアークを発生させて着火度を評価する。
(8)アーク燃焼高電圧部分と絶縁破壊しやすい部分の間でアークを発生させて着火度を評価する。
(9)タブレットヘキサメチレンテトラミンを試験片上で燃焼させ、燃焼の広がりを評価する。
(10)不完全接続実使用電流に応じた発熱線を挿入して通電し、着火度を評価する。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る