エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2008年05月30日

カテゴリ : 技術情報

第364回 材料の熱伝導率

 熱可塑性プラスチックの射出成形は、熱力学的に考えますと、高温で溶融した樹脂を溶解した樹脂温度よりも低温の金型内へ射出注入して熱エネルギーを取り除いて固化させるプロセスをたどります。ということは、溶融した樹脂の熱エネルギーを取り除くプロセス如何によって、成形サイクルや出来上がった成形品の物性などをコントロールできるということにつながります。

 ある材料から、熱エネルギーを奪ったり与えたりする物資の特性の一つに、熱伝導率があります。熱伝導率は、一般にkで表記され、厚さ1mの板の両面に1K(1℃)の温度差がある時に、板の単位面積(1m2)を通じて1秒間に流れる熱量であらわされる特性です。一般には金属は熱伝導率が大きい傾向があります。熱伝導率が大きな物質は、短時間に熱を大量に伝達できる能力があるというわけです。

 主な物質の熱伝導率です。

物質名熱伝導率k、0〜100℃、単位:W・m−1・K−1
炭素鋼50
ニッケル−クロム鋼33
18−8ステンレス鋼15
403
黄銅97
青銅53
ニッケル94
チタン22
コバルト22
アルミニウム236
マグネシウム157
亜鉛117
68
319
428
モリブデン139
水銀7.8
タングステン177
アクリル樹脂0.2
雲母0.55〜0.79
0.06
ガラス0.55〜0.75
グラスウール0.04
2.2
コンクリート1
磁器1.5
石綿0.06
木材0.14〜0.18
羊毛0.04
綿0.03



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る