エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2008年09月26日

カテゴリ : 技術情報

第380回 金型設計のチェックリスト〜ホットランナー編

 今回は、プラスチック射出成形金型設計におけるチェックリストの第7回目です。
  射出成形金型のキャビティ内に溶融した樹脂を充填するためには、射出成形機の射出ノズルから樹脂を導入させなければなりません。そのためにランナーがある訳ですが、ランナーをカートリッジヒーター等で常時加温しておくことで、スクラップが全く発生させないで射出成形加工ができる、ホットランナー構造が実用化されています。

 以下にホットランナーに関する設計チェック項目を挙げてみます。

(1)使用する樹脂の成形温度は確認したか?
(2)ホットランナーの保温温度は何度か?
(3)マニホールドの保温温度は何度か?
(4)ホットランナーのヒーター容量は?
(5)マニホールドのヒーター容量は?
(6)ホットランナーの加温方式は適切か?
(7)ホットランナーの温度制御方式は適切か?
(8)ホットランナー先端部の焼け防止対策は講じたか?
(9)ホットランナー周囲の冷却構造は設定されているか?
(10)型板への断熱構造は適切か?
(11)バルブゲートの場合、駆動力は十分か?
(12)バルブゲートの場合、バルブピンの直径は細すぎないか?
(13)多点ゲートの場合、ランナー配置は適切か?
(14)色替え時の不具合対策を講じているか?
(15)マニホールド内に滞留部が生じていないか?
(16)射出成形機の電気系統との信号接続方法は確認されているか?
(17)ホットランナーへの電源供給コンセント配置は確認したか?
(18)バルブゲートの場合、空圧、油圧系統の流体供給方法は適切か?
(19)バルブゲートの場合、エアーの乾燥能力は十分か?
(20)金型のメンテナンスがしやすい構造になっているか?
(21)予備のヒーター等の部品は手配されているか?
(22)ホットランナーメーカーの緊急連絡先は明確になっているか?
(23)ホットランナーユニットの組み込み方法は正確に理解されているか?
(24)接続電線、空圧配管、油圧配管等のケーブル類の取り扱いは可能か?



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る