エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2008年11月07日

カテゴリ : 技術情報

第385回 金型の受熱~計算例

 今回は、結晶性樹脂のプラスチック射出成形金型が溶融樹脂から受け取る熱量について、事例で計算をしてみましょう。

【 問 題 】

 ポリアミド6樹脂(ナイロン6)を成形材料とするプラスチック射出成形金型において、以下のような前提条件下、金型が金型内に射出された溶融樹脂から受け取る熱量はいくらになるか?

ランナー方式:コールドランナー
成形品重量:25gf=0.025kgf
取り個数:2個取り
ランナー重量:15gf=0.015kgf
ノズル温度:240℃
成形品離型時温度:90℃
成形サイクル:16sec

【 計算例 】

 まず、ポリアミド6樹脂は、結晶性樹脂であることから、受熱量計算式は、平均比熱を用いる(2)式を採用する。
 次いで、ポリアミド6樹脂のプラスチック材料のエンタルピー E(enthalpy,単位kcal/kgf)を樹脂データより調べる。

 E1:射出時の樹脂温度240℃におけるエンタルピー=160kcal/kgf
 E2:成形品離型時の樹脂温度90℃におけるエンタルピー=25kcal/kgf

 そして、計算式(2)に各データを代入し計算する。

QPL=3600×W×(E1-E2)/T…(2)
=3600×(0.025×2+0.015)×(160-25)/16
=1,974(kcal/h)

 したがって、金型が溶融樹脂から受け取る熱量QPLは、1,974(kcal/h)となると考えられる。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る