エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2008年12月12日

カテゴリ : 技術情報

第390回 金型の熱損失~応用問題

 今回はこれまで解説してきた金型の熱損失について応用問題を計算練習してみましょう。

 【問 題】
 横型射出成形機に使用するプラスチック射出成形金型(2プレート構造。コールドランナー方式)において、射出成形時に発生する熱損失を計算せよ。
 ただし、モールドベースの材質は、S55Cとし、金型の温度調節方式は水冷とし水温の設定は55℃とする。金型の側面積の合計は、2250cm2とする。また、取付板の面積は0.05m2とし、断熱板は使用しない。室温は25℃とする。

 【計算例】

(1)対流損失
対流熱伝達率=8kcal/m2h℃ と想定し、

QCV=0.2250×8×(55-25)
=54(kcal/h)

(2)輻射損失
輻射率=0.5と想定し、

Qrd =0.2250×0.5×4.88×
(((273+55)/100)4-((273+25)/100)4 )
=20.24(kcal/h)

(3)電熱損失

Qtr1=0.05×86×(55-25)
=129(kcal/h)

可動側取付板と固定側取付板があるので2倍して、
Qtr=129×2
=258(kcal/h)

よって、金型の総合熱損失Qは、
Q=QCV+Qrd+Qtr
=54+129+258
=441(kcal/h)となる。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る