エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2009年04月03日

カテゴリ : 成形材料

第405回 樹脂のガラス転移温度Tg

 熱可塑性樹脂は、温度が融点以上になると溶融し、液状になりますが、冷却していくとだんだん粘度が高くなりゴム状態になり、最終的には固化していきます。ゴム状態から固化状態(ガラス状態と呼んでいます)になる境界の温度を「ガラス転移温度」と呼んでいます。ガラス転移温度は、Tgと一般に表示されています。
 Tgは、樹脂の種類によって決まる物理量です。Tgを知ることにより成形品がキャビティ内で冷却する時間や突き出し可能な成形品温度を推測することができます。
 以下に主要な樹脂のTgを示します。

樹脂名Tg
ポリエチレン-125℃
ポリプロピレン0℃
ポリ塩化ビニル87℃
ポリスチレン100℃
ABS80~125℃
ポリメタクリル酸メチル90℃
ポリアミド650℃
ポリアミド6650℃
ポリアセタール-50℃
ポリカーボネート150℃
ポリフェニレンスルフィド126℃
ポリウレタン-20℃
ポリエーテルサルホン230℃
ポリフェニレンオキシド104~120℃
ポリアミドイミド275℃
ポリ乳酸57℃
ポリテトラフルオロエチレン126℃
EVA-42℃
ポリアクリロニトリル104℃
ポリフッ化ビニリデン35℃
ポリブチレンテレフタレート50℃
ポリエチレンテレフタレート69℃



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る