エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2009年04月10日

カテゴリ : 成形技術

第406回 樹脂のメルトフローレートMFR

 樹脂の射出成形加工では溶融させた樹脂の流動性の善し悪しによって成形条件、特に射出圧力や射出速度、金型温度の設定が大きく左右されることは皆さんも良く体験していることかと思います。
 樹脂の流動性を評価する方法にはいくつかの方法がありますが、最も簡易的で目安として利用されているものがメルトフローレート(Melt Flow Rate,MFR)です。

 メルトフローレートは、樹脂の試験材料をメルトフローインデクサーという試験装置へ装てんし、加熱して規定の重量で溶けた樹脂を流出させてその流れ出た樹脂量を計測して指標とします。試験方法はJIS,ISOで規定されています。
メルトフローレートの数値が大きい樹脂ほど流動性が良いと評価されます。メルトフローレートが小さい樹脂は流れが悪いです。
 ただし、メルトフローレートは、静的な状態での流動性を評価するため、実際の射出成形の場合は極めて短時間で狭いゲートを流動しますのでメルトフローレートの値はそのまま射出成形の場合にぴったりと適合するわかではありませんのでこの点は理解をしておく必要があります。

以上のように、メルトフローレートは樹脂の流動性の指標として簡易的に特性を把握するには、簡便で目安となる指標であるということが理解できたかと思います。

樹脂名メルトフローレート
ポリプロピレン5~60
ポリスチレン5~25
AS樹脂10~40
ABS樹脂5~60
アクリル樹脂1~35
ポリアミド610~80
ポリアミド6610~80
ポリアセタール3~70
ポリカーボネート2~30
PBT20~100
PPO7~30
PSU7~18
PES17~30
シクロオレフィンポリマー7~60
TPX21~80
PEEK1~20

 


紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る