エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2009年10月23日

カテゴリ : 成形材料

第432回 熱硬化製樹脂と熱可塑性樹脂

 プラスチックは、大別して熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂があります。読者のほとんどは、熱可塑性樹脂の射出成形金型た成形加工に携わっていると思いますが、最近では熱硬化性樹脂の射出成形加工も行われるケースも増えてきています。

 基本的な事項ですが、熱硬化性樹脂と熱可塑樹脂ではその性質が大きくことなっています。これらを整理してもう一度復習を図りたいと思います。

熱硬化性樹脂熱可塑性樹脂
分子量10,000~10,000~1,000,000
分子の形状網目状鎖状
成形原理化学的変化
材料→反応→流動→硬化 
物理的変化
材料→加熱軟化→流動→冷却固化
成形サイクル長い短い
成形品のばり必ず出るばり無し
成形時のガス抜き必要不要
金型温度120~150℃20~180℃
再生材使用不可能可能
力学的性質硬くてもろいしなやかで強靱
加熱による変化軟化しない軟化して流動する
耐熱性良好低い
電気絶縁性良好低い
耐薬品性良好低い
代表的な樹脂フェノール樹脂
メラミン樹脂
エポキシ樹脂
不飽和ポリエステル
液状シリコーンゴム
ポリエチレン
ポリプロピレン
ポリスチレン
ABS樹脂
アクリル樹脂
ポリアミド6
ポリアミド66
ポリアセタール
ポリブチレンテレフタレート
ポリエチレンテレフタレート
ポリカーボネート
液晶ポリマー
ポリサルホン
ポリエーテルエーテルケトン
ポリイミド



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る