エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2009年12月11日

カテゴリ : 構造部品

第438回 ねじのゆるみ止め

 プラスチック成形金型の部品どうしを締結する方法でもっとも基本的な方法は、六角穴付きボルトでねじ締結する方法です。六角穴付きボルトの先端にはJIS規格のメートルねじが加工されていて、おねじであるボルトが、めねじのらせん穴にねじこまれて締結が行われます。

 しかし、六角穴付きボルトによるねじ締結は、繰り返し振動や熱膨張の繰り返しなどによってねじが徐々に緩んでくる場合があります。ねじがある範囲を超えて緩んでしまった場合には、締結している部品の位置がずれてしまったり、ねじが折れてしまう等の事故につながる可能性があります。

 ねじを緩ませないためには、ねじを強く締めておくことは有効ですが、しかしあまりにも強く締めすぎると、ねじ山に塑性伸びが発生し、逆に折れるきっかけを与えてしまうことがあるので、ねじの締めすぎには十分な注意が必要になります。

 そこで、機械工学的に、ねじのゆるみ止めを行う方法がいくつか考案されておりますので紹介をします。

1.ダブルナット

 この方法は、ナットを2つ重ねることによってねじ締結をする方法です。通常は、下に入れるナットを板厚が薄いものとします。ナットを2つ重ねることにより、片方のナットが外れようとすると、他のナットがそれを阻止しますので、ゆるみ止めを実現することができます。
 ナットの上手な締め方として、ノウハウになりますが、上ナットを強く締めるか、締め終わりに下ナットを逆回転させておくとゆるみ止め効果はさらにしっかりしたものとなります。

2.バネ座金

 ボルトと締結面の間にバネ座金をはめ込んで締結する方法です。ばね座金を挿入することにより、ボルトが緩もうとする力を抑制することができます。もっとも簡便な方法になります。

3.ゆるみ止め付き特殊ナット

 この方法は、ナットの途中に、ナイロンプラグや金属ピンを挿入して緩みを防止する特殊ナットを使用する方法です。また、ナットに摺り割り溝を加工した特殊ナットもあります。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る