エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2010年07月23日

カテゴリ : 技術情報

第468回 ポリアセタールの製造プロセス

 ポリアセタール樹脂は、ポリオキシメチレン樹脂(POM)とも呼ばれ、機械強度が強く、耐熱性も高く、自己潤滑性に富んだエンジニアリングプラスチックの代表的樹脂です。アメリカ合衆国Dupont社が世界で初めて商業化に成功し、現在ではプラスチック歯車、電子部品、自動車部品、精密機械部品などに幅広く採用されています。射出成形加工に適していますが、結晶性樹脂のため成形収縮率が大きく、寸法安定させるための金型設計に工夫が求められます。

 ポリアセタール樹脂の製造プロセスを以下に示します。

図

参考文献:桜内雄二郎著, P73, プラスチック技術読本,(株)工業調査会


紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る