エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2010年10月01日

カテゴリ : 技術トピックス

第477回 プラスチック成形品のコスト分析

 プラスチック成形品を生産販売する企業では、実際にどのような項目にいくらぐらい経費がかかっているのかを慎重に分析して、経営に役立てる必要があります。このような分析のことをコスト分析と言います。コスト分析をすると、以下のような項目が成形品の生産経費として計上されるべきであることがわかります。

<プラスチック成形品のコスト分析>

材料費
直接人件費(作業者)
間接人件費(事務員、管理者)
保険料
金型償却費
機械償却費(成形機)
機械償却費(周辺機器)
メンテナンス費
建屋償却費
電気代
水道代
不良対策費
検査費
梱包費
輸送費

さらに、場合によって以下の費用が計上されます。

二次加工費
組立費
技術ライセンス料(特許使用料等)

 そして、これらの経費に利益を加算したものが、販売価格になります。

 販売価格に対する利益の比率を粗利益率(%)と呼び、粗利益から税金を差し引いたものの比率を正味利益率(%)と呼びます。

利益率の高い成形品を数多く生産できることが、優良な経営を行うための王道になります。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る