エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2010年11月19日

カテゴリ : キャビティ

第483回 サイドゲートの寸法決定

 射出成形金型で多用されるサイドゲートの寸法の決定の方法を紹介します。サイドゲートは、最もシンプルなゲートデザインで、成形品とゲートは接合していますので、二次加工でゲートは切断されます。サイドゲートは溶融樹脂を安定してキャビティ内に流入させることができ、また保圧も十分にかけられるので成形品のひけを防止することが可能です。

 サイドゲート寸法の決定では次の2ステップで検討します。

【第1ステップ】ゲート深さの決定

まず、成形品の肉厚t(mm)を確認します。
次に、成形材料による係数nを表1から求めます

【表1】

樹脂係数n
ポリエチレン0.6
ポリスチレン0.6
ポリプロピレン0.7
ポリアセタール0.7
ポリカーボネート0.7
PMMA0.8
ポリアミド0.8
PVC0.9

 そして、サイドゲート深さh(mm)を次式で求めます。

h = n・t

【第2ステップ】ゲート幅の決定

ゲート幅は、まず、成形品の面積A(mm2)を求めます。
次に、成形材料による係数nを表1から求めます。
そして、ゲート幅W(mm)を次式で求めます。

W = n・√A/30



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る