エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2010年11月26日

カテゴリ : キャビティ

第484回 サイドゲートの寸法決定(計算練習)

今回は、前回解説したサイドゲートの寸法決定の計算練習をします。

問題

 ポリアセタール樹脂(POM)を用いた射出成形品であって、成形品の平均肉厚が1.5mm、成形品の面積が4900mm2 の1点ゲートをサイドゲートで設計したい。
 この場合、ゲートの深さhと幅Wの設計寸法の目安を求めよ。

解答例

サイドゲート寸法の決定では次の2ステップで検討します。

【第1ステップ】ゲート深さの決定

まず、成形品の肉厚t(mm)を確認します。
t は、題意より t = 1.5(mm)です。

次に、成形材料による係数nを表1から求めます。
ポリアセタールの場合、n = 0.7 となります。

したがって、サイドゲート深さh(mm)は、

h = n・t
= 0.7×1.5
= 1.05(mm)

となります。

【第2ステップ】ゲート幅の決定

ゲート幅は、まず、成形品の面積A(mm2)を求めます。
Aは、題意より A = 4900(mm2

次に、成形材料による係数nを表1から求めます。 ポリアセタールの場合、n = 0.7となります。

したがって、ゲート幅W(mm)は、

W = n・√A/30
= 0.7×√(4900)/30
= 1.63(mm)

となります。

結論として、金型の機械加工性、コストを考慮して、

h = 1(mm)
W = 1.6(mm)

とすることに決定します。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る