エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2010年12月17日

カテゴリ : 海外情報

第487回 K2010が開催されました

 K2010(第18回国際プラスチック・ゴム専門見本市)がドイツのデュッセルドルフで開催されました。

 このショーは、半世紀にわたり3年に1回定期開催されているプラスチック産業のオリンピック的な存在の展示会です。

 プラスチックのショーでは3大見本市と称されているNPE(アメリカ合衆国)、IPF(幕張メッセ)と比較しても出展規模とその展示内容はKショーが依然として世界トップの地位を有していると評価されるでしょう。

K2010は、2010年10月27日(水)~11/3(水)の8日間と長期間で、来場者総数は、22万人でした。

 このショーの開催時間は、朝10時から夕方18時30分までと遅い時間まで見学ができるように配慮されています。また、早朝とショー終了後は、出展社が報道機関や見学者に対するプレゼンテーションを行うことができる小ホールがたくさん準備されており、見学は見学、交流は交流と時間が重ならないような工夫がされているところも粋な計らいだと思います。

 後援団体は、EUROMAP VDMA(ヨーロッパプラスチック・ゴム産業機械委員会)、サポーティングオーガナイザーは、ドイツプラスチック産業協議会(AKI)、ドイツプラスチック加工工業会(GKV)、プラスチックヨーロッパドイツ支部(Plastic Europe Deutschland e.V.)、ドイツゴム加工工業会(Wdk)、企画・運営は、メッセ・デュッセルドルフGmbHとなっています。

 デュッセルドルフ見本市会場1-17号館を全て使用し、展示面積164,125mmに55か国から3,102社の出展がありました。

 プラスチックに関する原材料、成形機、生産機械、金型、半製品、リサイクル、学術研究等の幅広い分野の出展がありました。金型技術については、ヨーロッパを中心とした金型メーカー、標準部品メーカーが実際に金型を持ち込んだ出展が多数見られることが特徴でもあります。

 

第18回国際プラスチック・ゴム専門見本市

写真提供:© MesseDüsseldorf GmbH(2010, Germany)



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る