エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2011年01月21日

カテゴリ : 成形材料

第491回 環状オレフィンポリマー

 透明なプラスチック材料の中でユニークな特性を持つ新素材として、環状オレフィンポリマー(COP)があります。
 COPが現在多用されている分野は、レンズ、導光板などの光学用途と医療、検査容器用途が挙げられます。この分野は現在最も安定して成長している産業分野であり、COPの消費量も急成長しております。
 COPが多用される背景にはその特徴となる物性があります。

1.光学特性

 PMMAに比較して、全光線透過率92%と高く、さらに400nm付近の透明性に優れるグレードが量産されています。また、屈折率が安定していて光学部品用途に最適です。光学特性に優れるということは、電池の消耗を抑えて長時間の発光に寄与できるという機能があると読み替えることができるのです。

2.低不純物

合成樹脂には、その合成過程において様々な不純物が微量に含まれています。しかし、COPは、不純物が非常に少なく、クリーンな存在です。したがって、検査機器や医療器材関連などに安心して使用できるので、ワンウエイ器材に多用されるようになってきています。

3.軽量

COPの比重は0.95~1.01と軽量です。様々な機器の軽量化に寄与します。

4.耐熱性

 耐熱温度の目安が100℃~163℃と高く、高温環境下での使用が可能です。(コポリマーCOCを含みます)

5.寸法安定性

 吸水性が0.01%未満と抜群で、高湿度下でも寸法安定性に優れています。そして、成形品のそり、変形がほとんどないため、精密成形に適しています。

6.高周波特性

 熱可塑性樹脂として最高レベルの高周波特性を有していますので、電波機器での採用が増えています。

 COPは、次世代の産業分野を牽引する新素材としてその機能に大いに期待が持てるといえるでしょう。成形技術や金型技術の開発が現在様々な分野で研究されており、これらの技術が進むことによって新しい商品に採用される部品が増大することでしょう。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る