エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2011年04月22日

カテゴリ : 技術トピックス

第504回 東日本大震災の被災者の皆様へお見舞い申し上げます

 この度の大地震、津波被害さらに原子力発電所事故の関係で被災なされた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。

 また、交通の遮断、ガソリン不足等で会社への出勤ができない皆さんも多数いらっしゃるものと拝察申し上げます。少しずつではありますが徐々に落ち着きを取り戻してきています、筆者のオフィスのある地域でも被災し、現在避難生活を送っております。状況の平常化にはさらに時間が必要になると思いますが、このような時期ではございますが次の再生へ向けて金型やプラスチック技術者が社会貢献に寄与できると思われる項目を挙げてみます。ご参考になさってください。

1.良い製品を確実に作るように心がける

 鋼材やプラスチック材料の流通が完全復旧するにはしばらく時間がかかると思います。
この期間には加工ミスや成形不良などを出さないように従来以上に留意して材料の節約を心がけたいところです。

2.省エネ

 電気エネルギーが不足しています。不要な電力を削減する工夫の小さな積み重ねが大きな効果を生み出します。

3.次の展望に備える

 在宅で出勤待機をなさっている皆さんにおかれましては、本講座や書籍等で技術知識の習得をなされると良いかと思います。生産活動再開時には緊急で対応しなければならない状態に時間をおかずに移行すると思います。その時に生かせる知識を学んでおくことは確実に利があり、害することはありません。

 災害の復旧では広い意味での生産、ものづくりの技術が必要になります。技術者の智恵と創意工夫を結集させてできるだけ早く日本の再生を図って参りましょう。それぞれの専門分野での研ぎ澄まされた力を発揮しあうことが何より重要だと思います。

 縁の下の力持ちがたくさんいてくださるからこそ、重機、送電、通信、医療、食品、住宅などのスムーズな復興ができるということを筆者は知っています。目に見えないところではございますが、全国の技術者の皆さんたちの協力を結集することでこの国難を乗り越えることができると信じています。

 金型は様々な部品を大量生産することができる重要な技術です。社会が必要としている部品をしっかりと供給できるように皆様のご活動を筆者よりもお願い申し上げます。

 ミスミでも可能な限りの努力をして部品配送活動を試みております。共に再生を目指して歩んで参りましょう。

プラ金型技術講座執筆者コメント



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る