エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2011年10月28日

カテゴリ : 技術トピックス

第528回 鍛造加工

金型の金属材料を鍛造加工する必要がある場合には、金属を加熱した状態で加圧して塑性変形させて鍛える作業を行います。特殊な形状の機構部品を自由鍛造によって製作する場合などには鍛造の基礎知識を理解することから始まります。

鍛造では、火色(金属の色)によっておよその温度を把握することができます。

火色 温度(℃)
暗褐色 520~580
褐色 580~650
暗桜赤色 650~750
桜赤色 750~780
淡桜赤色 780~800
淡赤色 800~830
橙色 830~880
淡橙赤色 880~1,050
黄色 1,050~1,150
淡黄色 1,150~1,250
白色 1,250~1,350

次に、鍛造に適した温度を知り、適温で鍛造加工を行う。適温は、素材の種類によって以下のような目安がわかっている。

材料 最高温度(℃) 最低温度(℃)
炭素鋼(0.1%C) 1,352 750
炭素鋼(0.1%C) 1,290 790
炭素鋼(0.1%C) 1,250 820
炭素鋼(0.1%C) 1,170 850
炭素鋼(0.1%C) 1,120 900
3%Ni鋼 1,250 800
3%Ni-Cr鋼 1,250 800
Cr-V鋼 1,250 800
13%Cr鋼 1,280 850
18-8ステンレス鋼 1,300 850
高速度鋼 1,200 1,000


紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る