エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2012年01月27日

カテゴリ : 技術情報

第539回 樹脂材料の流動比(L/t)

プラスチック成形材料の中で、熱可塑性樹脂を射出成形によって金型のキャビティ内へ流動させる場合、溶けた樹脂はある粘度を持った流体としてスプルー、ランナー、ゲートそしてキャビティ内を流動します。流動抵抗によって樹脂の流速や圧力は変化します。そして、樹脂の粘度は金型の表面に接触することによって温度がだんだん低下していって、粘度も時々刻々と低下していき、最後には流動ができない状態まで粘度が低下していきます。

流動ができなくなるまで冷却されてしまいますと射出成形加工がそれ以上不可能になってしまいます。このように熱可塑性樹脂の射出成形加工では樹脂を流動させることができる距離が成形品の厚さやランナーサイズに左右されることがわかります。

では、いったいどのぐらいの距離まで流動させることができるのでしょうか?最近ではコンピュータ解析によってかなり正確に流動距離を予測することができるようになってきています。しかし、解析をするためにはソフトウエアと計算機が必要になります。大まかな目安としての指標としては流動比(L/t)というものがあります。これは、実験的に流動をさせた場合の流動距離をデータとしたものです。金型設計をする際には概略の判断を即時にするためには重宝します。実際には常時使用する材料については実験を行ってデータ採取をしておくことが重要です。

以下に参考となる指標を示します。

材料名射出圧力(MPa)流動比(L/t)
ポリエチレン150280-250
ポリエチレン60140-100
ポリプロピレン120280
ポリプロピレン70240-200
ポリスチレン90300-280
ポリアミド690260-200
ポリアセタール100210-110
ポリカーボネート130180-120
ポリカーボネート90130-90
硬質塩化ビニル130170-130
硬質塩化ビニル90140-100



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る