エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2012年02月10日

カテゴリ : 技術情報

第541回 金型用工作機械の加工精度

プラスチック成形品の精度を保証するためには、金型のキャビティ、コアやモールドベース等の金型部品を精度良く機械工作する必要があります。工作機械は、金型部品の形状や材質、硬度などによって選択されますが、工作機械や工作法自身の要因によって加工精度には上限があります。

どの工作機械であれば、どの程度までの精度で機械工作ができるのか?を金型設計者は熟知しておかねばなりません。

工作精度は、金型の製作コストにも関連します。精度の高い工作機械を使用すると機械加工コストは増大します。一方、粗取り加工などでは低い精度であっても十分で低コストで機械加工が可能です。

工作機械の選定にはこのように複眼的な検討をして選定する必要があります。

以下に、金型部品の加工に用いられる工作機械とその加工精度について、一例を示します。

プラスチック金型用工作機械と加工精度
工作機械名一般加工精度精密加工精度
汎用フライス盤±0.02±0.01
NCフライス盤±0.02±0.005
マシニングセンタ±0.02±0.005
倣いフライス盤±0.1±0.05
成形研削盤±0.01±0.002
光学倣い研削盤±0.01±0.003
ジグ研削盤±0.005±0.002
形彫り放電加工機±0.02±0.01
ワイヤ放電加工機±0.01±0.002
深穴加工機±0.01 



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る