エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2012年02月17日

カテゴリ : 技術計算

第542回 円筒成形品の突き出しに必要な力

前提条件

F:突き出しに必要な力(kgf)
d :円筒成形品直径(cm)
t :成形品肉厚(cm)
l :成形品高さ(cm)
μ:金型表面と成形品内側の静摩擦係数
σ:成形品の引張応力(kgf/cm2
E:成形材料の縦弾性係数(kgf/cm2

計算式

F=2π・μ・t・l・σ

成形材料のE

PP1.1~1.4
PS2.8~3.5
PMMA3.2
HIPS1.4~3.2
AS1.5~3.5
ABS0.7~2.9
POM2.9
PA-61.1~2.7
PA-661.2~2.9
PC2.5
PVC2.5~4.2



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る