エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2012年03月02日

カテゴリ : 成形材料

第544回 ゲートの選択と特徴

最近では実用耐熱温度が高い樹脂が開発され、新たな産業分野での検討が進められています。超耐熱樹脂の用途としては次のような分野があります。

〇自動車エンジンルーム
〇航空機部品
〇バッテリー周辺部品
〇熱湯環境
〇食品産業
〇化学装置
〇洗浄対象
〇バスルーム
〇温水トイレ
〇玩具
〇食器
〇調理器具部品
〇コンテナ輸送部品
〇電子部品(表面実装部品)
〇低融点金属代替品

超耐熱樹脂と呼ばれている樹脂には次のようなものがあります。

樹脂名融点
(℃)
成形温度
(℃)
熱伝導率
(kcal/m・hr・℃)
PPS282290-3500.18-0.21
LCP279285-320 
PES226330-3700.24-0.28
PEI219-228340-4250.18
PAR 300-310 
芳香族PA 370-3900.29
PEEK334380-4000.22



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る