エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2012年10月12日

カテゴリ : 技術計算

第564回 キャビティ・コアの締結方法

通常、キャビティ・コアは、モールドベースの型板やバッキンクグプレートに締結されますが、その締結方法として代表的な例を紹介します。

【図1】に4種類の事例の説明図を示します。

【図1】キャビティ・コアの締結方法

A.ボルト締結

ボルト締結は、キャビティ・コアにねじ穴やボルト固定穴が、スペース的に設けられる大きさの金型で多用されている方法です。

ねじにより強固に締結することが可能です。パーティング面側からボルト締めする方法と型板裏面側からボルト締めする方法が考えられます。状況により適宜、ボルト締め方向は選択されます。

ねじは、通常メートル並目ねじを使用します。場合によってはメートル細目ねじを使用します。

ボルト締結では、キャビティ・コアの位置決めが精密でなければならない金型では位置ずれの危険性を含んでいます。ねじの締める順番やねじ締め時の回転方向によって位置が0.01mmレベルでずれる場合がありますので、キー止めによる位置ずれ防止構造等を併用します。

B.つば止め

つば止めは、キャビティ・コアにねじ穴やボルト固定穴を設けるスペースが十分に確保できない場合に採用される方法です。

つばは、両側つばと片側つばの2種類が通常用いられます。

つばのひっかかり量は、1〜2mm程度で、つば高さは、3〜10mm程度の範囲を用いており、キャビティ・コアの大きさにより選択します。

つばは、現場用語で「はかま」と呼ぶ場合もあります。

C.キー止め

キー止めは、つば止めやボルト締結が困難な、多数の部品を締結する場合にしばしば採用される方法です。

キーの形状は「コの字形状」、直線キー、丸キーなどの種類があります。

キーのはめあい寸法を考慮する必要があります。

多数個取り金型では、キーにそれぞれ番号をマーキングしておいて、再現性を確保することも大切です。

D.圧入

圧入は、大形の金型において多用されている締結方法です。パーティング面側から彫られたポケットに「しまりばめ」のはめあいとなるよう、キャビティ・コアの外径寸法を機械加工し、プラスチックハンマー等で圧入します。

この方法ですと、メンテナンス時にはキャビティ・コアの分解が困難となりますので、分解用の叩き穴をポケット底面に設けておく場合もあります。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る