エンジニアのための技術講座

プラ金型講座

掲載日:2013年01月25日

カテゴリ : 成形技術

第571回 樹脂温度と保圧の関係

 射出成形の条件として、樹脂温度と保圧がありますが、これらには密接な関係があります。射出成形が可能な領域、言い換えれば良品が成形加工できる領域は、無限にあるわけではなく、ある一定範囲の前提が満たされた場合に限定されます。

 【図】には、樹脂温度と保圧の2元関係を図示しています。

【図】

 この図からは、次のようなことが判ります。

1.成形可能領域の左側の条件では、成形品の収縮が大きくなり、寸法が小さくなります。
2.成形可能領域の上側の条件では、樹脂が熱劣化(熱分解)します。
3.成形可能領域の右側の条件では、バリや離型不良が発生します。
4.成形可能領域の下側の条件では、ショートショットが発生します。

 金型の試作を行い、量産可能な成形条件の範囲を見出すためには、図の概念を正しく理解をして、成形条件を変動させてサンプル採取を行い、安定して量産できる条件幅を特定することが必要です。特定された条件幅は、さらに変動リスクを考慮して、管理する範囲を決めます。このようにして安定量産ができる成形条件幅を管理することで、製品の不良率を低下させることができます。

 無闇やたらに成形条件を変動させて、いたずらにサンプル数を増やすことは、かえって安定して量産できる成形条件をみつけることの妨げになる場合があります。

 より具体的には、樹脂の種類や射出成形機ごとに目安となる線図を作製しておくことが便利です。



紙図も型番も要らない3Dダイレクト調達 meviy【メヴィー】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る