エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2000年08月01日

カテゴリ : せん断加工

第3回 抜き加工のかす上がり対策(1)

 かす上がりは抜きかすがダイに止まらず、ダイ表面に上がってきてしまう不良現象です。バリ対策が進み抜き条件がよくなったことが、皮肉にも抜きかすとダイ側面との摩擦力を弱めかす上がりしやすくしています。

かす上がりの原因

図1

図2

 以上が大きな要因です。その他に、磁気や跳ね返りといった原因もありますが、影響は小さなものです。

油着の原因

 材料表面に付けられた加工油が、パンチ下面と材料を密着させ、周囲からの空気の流入を防げ、材料を吊り上げる。

油着対策

材料への給油はダイ側面に多くし、パンチ側を少なくする。
パンチ下面(材料との接触面)に逃がしを作り、接触面積を小さくする。
空気穴を作り、弱いエアーを吹く。(前記の逃がしと併用するとよい)

吸引の原因

 加工が完了して、パンチが戻る工程では、ダイがシリンダ、ダイ内にある材料が底そしてパンチがピストンの関係となり、材料とパンチ下面の間が減圧して、材料が引き上げられる。

吸引対策

減圧はパンチ速度に比例するから加工spmを下げる。
空気呼び込み穴を開ける。

キッカーピンを入れ、強制的にかす上がりを押さえる方法は、どのような原因のかす上がりにも有効な対策です。ここではそれ以外の対策となりうる内容を示しています。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る