エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2000年09月19日

カテゴリ : 絞り・成形加工

第10回 絞り型のしわ押さえ

 絞り加工ではフランジしわの発生を防ぐために対策が必要です。
 加工中のしわ発生は絞り条件によって変わってきます。それは次の式で判断することができます。

  t/d≧K [(D/d)−1]
  t:板厚 d:ダイ直径 D:ブランク直径
  K:係数、0.09〜0.17の範囲で使用

 t/dが式を満たして大きければ、しわ押さえなしで絞り加工ができます。
 t/dが小さい値となったときには、しわ押さえが必要になります。

(1)固定しわ押さえ

 固定しわ押さえは【図1】に示すように2つのタイプがあります。材料押さえ部分は被加工材の板厚より、大きめのすき間とします。テーパタイプは、絞り進行に伴うフランジ縁の板厚増加をテーパ部で吸収するので、被加工材にかかる負荷を一定にすることができます。
 しわ押さえはダイにボルトで固定するか、可動タイプのしわ押さえであれば、しわ押さえ面に段差を付ける等して一定の押さえすき間を確保します。

図1

(2)可動しわ押さえ

 しわ押さえ面を直接被加工材に押しつけて行うしわ押さえ方式です。しわ押さえにはスプリングやダイクッション等の力を働かせます(【図2】参照)。

図2

(3)しわ押さえ圧力

 しわ押さえ圧力は弱すぎればしわが発生します。強すぎれば割れが発生します。
 しわ押さえ圧力の最小値の目安を【表1】に示します。しわ押さえ面積は【図3】に示す部分の面積です。
 しわ押さえ圧力はダイ、しわ押さえ面の面粗さ、潤滑油の状態などで変化します。その状態に合わせて圧力を調整することが必要です。したがって絞り金型は、しわ押さえ圧力が調節可能な構造とすることがよいです。

【表1】しわ押さえ圧力の目安
材質しわ押せ圧力(Min)
MPa(Kgf/mm2
軟銅1.57〜1.760.16〜0.18
ステンレス銅1.76〜1.960.18〜0.20
アルミニウム0.29〜0.690.03〜0.07
0.78〜1.180.08〜0.12
黄銅1.08〜1.570.11〜0.16

図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る