エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2000年10月17日

カテゴリ : 金型設計

第14回 金型のプレート構成とプレート形式

 金型の構造を決める1つの要因にプレートの構成があります。プレートの構成は金型の主要プレートの作り方との関連が大きいです。
 内容を【図1】で説明します。

図1

 金型を構成するプレートの最大構成(複合金型とゲタ等は除く)は8枚です。

 基本構成は
  (1)パンチホルダ
  (3)パンチプレート
  (5)ストリッパプレート
  (6)ダイプレート
  (8)ダイホルダ
 の5枚です。

 パンチが大きい場合にはパンチプレート、パンチホルダを省略して、パンチに直接シャンクを取り付けてしまうものもあります。この場合は、ストリッパプレートとダイプレート、及びダイホルダの3枚構成となります。曲げ型等ではストリッパプレートも必要なく2枚構成となることもあります。
 しかし、このようなプレート構成は少数派で多くは5枚構成プラスアルファの構成です。プラスアルファ部分はバッキングプレートです。
 バッキングプレートはパンチ等のバックアップが主機能ですが、入れ子を固定したり、高さのレベル合わせに使ったり、ときには底突きプレートとしても使います。

 パッキングプレートの必要の有無を左右する要因にプレートの形式があります。ソリッドタイプやポケットタイプ、およびヨークタイプは図からわかるようにパッキングを必要としません。この3タイプのプレートの中でも最近はソリッドタイプが多く使われています。残り2つは使われることが少ないです。

 インサートタイプはプレート内に別部品(入れ子部品)を組込むため、入れ子部品を固定したりバックアップする必要があり、バッキングプレートが必要になります。

 以上の説明からわかるように、インサートタイプのプレートをダイやストリッパプレートに用いる、いわゆる精密型に属する金型がプレート構成が多くなり8枚構成となることが多いです。

 プレート構成は少ない方が当然金型を安く作ることができます。金型の使い方(プレス加工数が多い、少ない)や金型精度を判断してプレート構成を決めます。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る