エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2000年11月21日

カテゴリ : 曲げ加工

第18回 曲げフランジの最小高さ

 曲げフランジの高さがだんだんと低くなると、曲げがうまくできずに変形します。何とか形状を保てるフランジ高さの最小値の目安が【図1】です。変形の状態を説明したものが【図2】です。

図1

 曲げ外側の材料は引っ張りを受け、フランジ端部を下げようとします。曲げ内側の材料は圧縮され、フランジ端部を押し上げようとします。この両者は逆の方向に働いているため、フランジ端部は傾きます。 図2

 この両者力関係は外側の引張りの方が強く、フランジ端部の変形だけでなくフランジを外側にねじるように働きます。このような変形に耐えられなくなった位置が曲げの最小高さです。

 【図3】のような形状はa部が変型する例としてよく使われています。
 この形状を曲げ最小高さ(bの線)で切ってみると、aの変形部位が曲げ最小高さ以下の部分とほぼ一致します。

図3

 同様に曲げに接近した穴(【図4】)も曲げの最小高さから眺めるとその理由が一目で分かると思います。 図4

 ひとつの現象で他の現象も眺めることも必要でしょう。思わぬ解決策が見えてくることがあるかもしれません。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る