エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2000年11月28日

カテゴリ : 曲げ加工

第19回 曲げのキズ対策

 曲げのキズは、ダイrが小さくて、材料が曲げはじめの変形抵抗に耐えられず削られる現象(【図1】)が、もっとも基本的な曲げキズです。これはダイrが小さいために起こります。 図1

 このような曲げキズを少なくする一般的な対策が、ダイRを大きくするか、ダイ肩をR形状からテーパ形状(【図2】)に変更する方法です。これはU曲げ型の標準寸法のところでも示しています。
 しかし、どちらもダイ肩部を材料が滑ることには代わりありません。

図2

 めっき付き材料の曲げ加工では、めっきはがれの問題が残ります。【図3】は滑り面をローラに変えて、転がり接触にした曲げキズ対策構造です。 図3

 【図4】はヘミング曲げ機の機構に類似した構造にした曲げ型です。蝶番曲げともいうべき曲げ方法です。材料を折り畳むようにして加工しますから、材料に滑りが発生しますので、加工キズの心配がなくなります。

図4

 めっき付き材料のまげとか加工油を使わない加工、といった厳しい要求が増えています。従来方法と変わった金型構造の研究も必要になるでしょう。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る