エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2000年12月05日

カテゴリ : 曲げ加工

第20回 曲げのスプリングバック対策(3)

 外Rセッティング法:曲げ半径が2t以下に適します。

 この方法は【図1】に示すように、曲げ部の外側を圧縮することで、スプリングバック対策をする方法です。曲げ内側のセッティングより、曲げ部の強度低下が少ない利点があります。

図1

 しかし、曲げ外側のRは材料の伸びに伴う板痩せによって、正確な半径をつかむことが難しい欠点もあります。90度曲げを想定して、45度付近の板痩せは5%〜30%位です。曲げの内側半径が小さい程減少率は大きくなります。通常は20%程度の板痩せを想定して、曲げの外Rを決めます。

 通常の曲げでは減少率を見過ぎている方向です。曲がりすぎた形状から判断してセッティングRを小さくしていき、丁度よいRを求めます。初期のセッティングRが小さい場合には、調整でセッティングRを大きくしなければならず、処置が大変です。後で調整が見込まれる時には、調整作業が楽になるように部品設計をします。

 【図1】にAで示す分割位置は、曲げ内側のR中心と同じにしてはいけません。外側のRは、内Rとは同軸ではないので少しずらします。

 大きくずらしすぎると【図2】に示すような変形が、戻り行程で発生することがあります。フランジ高さを低めに設定しておくとよいでしょう。

図2



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る