エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年01月23日

カテゴリ : せん断加工

第25回 抜き加工のいろは(その4)分断加工

 【図1】は分断加工を現した図です。切断加工とイメージが似ていることから、よく比較されます。切断は製品の左右のバリ方向が逆になりますが、分断では揃います。その代わり幅で(2本線で)切るので、スクラップがでます。切断より材料の利用率は多少悪くなります。基本的な使い方のイメージは、左右のバリ方向を同じにしたいときに使うことです。 図1

 分断型の型寸法と製品寸法との関係は【図2】のようになります。製品寸法+パンチ幅=送り長さ(送りピッチ)となります。送り長さのバラツキが製品寸法にそのままでます。ダイ側にクリアランスを取ります。 図2

 【図3】は分断加工の利用法を示したものです。
 (a)は分断のイメージを最もよく現している使い方です。曲げやフランジ成型などで加工力のバランスのためや生産数が多いときなどに左右対称取りや2個取りをします。その後の分離への応用です。
 (b)はシート材やコイル材からブランクを作るときのイメージです。パンチ幅でスクラップがでます。
 (c)は(b)の応用編です。図のような形状であれば、スクラップとなる部分も製品として使えるように金型寸法を決めておけば、スクラップなしの加工も可能であり、生産効率も良くなります。
 (d)は更に応用変化した形です。EI(イーアイ)コアの抜きとして有名な形です。材料の利用率と生産効率を考えて製品設計されたものです。製品形状の特徴と加工法の特徴をうまく合わせた、大変に優れた加工方法といえます。プレス加工と製品設計が協力したした結果の例といえます。

図3



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る