エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年02月20日

カテゴリ : せん断加工

第29回 抜き加工のいろは(その8)アウトカット加工(2)

 【図1】は、切り欠きと切断を利用した外形形状加工の例を示しています。材料の幅方向の形状は切り欠き加工で加工して、送り方向の形状は切断を利用して材料節約をする考え方です。切断加工を用いていますから、加工された製品のバリ方向は部分的に異なります。

図1

 【図2】は、切り欠き加工と分断加工を用いた外形形状加工の例です。この形では、加工された製品の全周のバリ方向は同じになります。アウトカット加工での形状加工で最も多い加工方法といえます。

図2

 この形状の作り方では、材料の中央付近でブランクとブランクをつなぐようになります。製品によっては幅方向のガイドが難しくなることがあります。この対策として、【図3】に示すような加工方法が考えられます。元の材料幅を出来るだけ残すようにする方法です。この様にするには切り欠き加工の他に穴抜き加工が使われるようになります。穴抜き加工の採用によって、元の材料幅はそのまま残して形状加工をすることができます。
 この形の加工法の利点は、材料ガイドがやりやすいと同時に、材料の強度の低下を防止できることにもあります。
 欠点としては多少材料のロスが大きくなることです。切り欠き加工と分断加工を用いた外形形状加工の例です。この形では加工された製品の全周のバリ方向は同じになります。アウトカット加工での形状加工で最も多い加工方法といえます。

図3

 アウトカット加工は単に外形形状を作るのみのことではなく、順送加工で曲げ等を含む製品の抜き形状加工に採用されることです。
 アウトカット加工では抜き形状パンチの設計は自由です。切り欠き、分断および穴抜き、切断、スリット加工のいずれおも自由に用いてよいのです。その反面、失敗も多くでます。アウトカット加工に用いるパンチの数は出来るだけ少なくすること、各パンチの強度バランスがとれていること、シンプルな形状がよい等に注意して設計します。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る