エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年03月27日

カテゴリ : せん断加工

第34回 抜き加工のいろは(その13)シェービング加工

 普通の抜き加工は【図1】(a)のような切り口面となります。この面が、きれいなせん断面の形で欲しいときがあります(輪郭形状や穴または形状の一部)。このようなときに【図1】(b)に示すように、切り口面をわずかに削りきれいな面に仕上げることをします。このような加工方法を「シェービング加工」といいます。

図1

 シェービング加工で大事なのは【図1】(b)に示した、取りしろの大きさです。1回の加工で削れる取りしろの大きさは、材料板厚の5%〜10%程度です。例えば軟鋼は5%程度、硬鋼では8〜10%程度また黄銅では10%程度が目安です。
 1回のシェービングで不十分なときには、2回、3回とシェービングを繰り返し行うことがあります。

 シェービングの方向には【図2】(a)の正置法と【図2】(b)に示す倒置法があります。

図2

 正置法は、製品のダイへの当たりが均一になりバランスがよいです。倒置法は、破断面側から当たるので、当たり方が不安定になり削られ方がばらつくことがあります。
 シェービング加工はブランク抜きを行い、次工程でシェービング加工となるため、基本的に工数がかかる仕事です。位置決めも難しいです。更に、シェービング加工での問題点は、薄く削られたスクラップが油等で金型に付きうまく落とすことが難しく、そのために製品にキズ等を発生させる原因となることがあります。このようによく知られた加工方法ですが、使われることが少ないです。
 順送加工の中に組み込むことも行われていますが、スクラップの処理を間違えると製品にキズが付き、加工にならないことがあります。シェービング加工を順送加工の中で行うときには、普通抜きのスクラップとつなげるような工夫をして、一緒に落とすようにすることです。


バーリングパンチ&ダイ


絞りパンチ&ダイ


刻印パンチ


曲げ&面打ちパンチ&ダイ


刻印パンチ用シム


キャンバー修正部品・スクラップカッタ



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る