エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年04月13日

カテゴリ : せん断加工

第35回 抜き加工のいろは(その14)仕上げ抜き加工

 仕上げ抜きは、きれいな切り口面を得るための抜き加工です。仕上げ抜きではクリアランスをほぼゼロにします。そして、パンチまたはダイの刃先に丸みを付け破断の発生を遅らせることで、きれいな切り口面を作ります。

 ブランク加工の時には【図1】に示すようにダイの刃先に丸みを付けます。穴抜き加工の時には、逆にパンチの刃先に丸みを付けます。

 刃先に付けるのは丸みが基本ですが、面取りでもOKです。加工力が分散して破断が遅くなるようにすればよいわけです。この加工のポイントは、クリアランスと刃先を殺す(丸みまたは面取りをする)ことにあります。

図1

 丸みの大きさは半径で0.2mm〜1.0mm程度です。丸みを大きくすることで破断は遅れ、切り口面はきれいになりますが、だれ、湾曲およびバリが大きくなります。したがって、刃先の丸み(面取りは)必要最小限にすることが必要です。
 刃先の丸みと湾曲の関係は、ほぼ直線で変化します。丸み半径0.5mmと1.0mmでは、湾曲はほぼ倍の大きさとなります。
 ストリッピング力は丸み半径が小さいほど大きくなります。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る