エンジニアのための技術講座

プレス金型講座

掲載日:2001年05月22日

カテゴリ : せん断加工

第41回 金型構造のいろは(その5)穴抜き型の構造−2(固定ストリッパ構造の穴抜き型)

 穴抜き加工であまり精度を必要としない製品では、作業性のよい固定ストリッパ構造を使うことがよくあります。たとえば、【図】に示すような長い製品の端部に穴を加工するようなときに、固定ストリッパ構造を使うことで作業がしやすくなります。【図】からもわかると思いますが、ストリッパの中に材料を入れ、奥に突き当てた状態で加工をすればよいので作業性がよいのです。

図

 ただし、ストリッパとダイとのすきまが大きいと、材料の金型へのセットは容易になりますが、ストリッピング時にパンチが煽られて破損しやすくなります。すきまは小さい方がいいです。

 穴加工の時に材料の押さえが無いので、反りなどの変形がでやすいです。あまり外形に近い穴の加工には適しません。

 以上のような使い方の他に、曲げた製品や絞り製品等の穴抜き加工にもよく使われています。このような成形加工品では、穴加工する周囲が丈夫なために、材料押さえを必要としないことが多いためです。

 穴抜きは平面だけでなく、曲面に加工する必要もときにはあります。このようなときには穴周囲の変形も少なく、ストリッピングだけに気をつければよいことも多くあり、固定ストリッパ構造でOKとなることも多いのです。

 穴抜き加工の基本は材料を押さえて穴加工することですが、条件等によって簡易な構造として、材料を押さえなくても問題のない製品があります。その判断によって金型の作りやすさ、コストが変わりますから注意したいです。



Mold EX-Press【モールド・エキスプレス】

このサイトは、株式会社ミスミが運営・管理しています。

当サイト上のコンテンツの著作権は株式会社ミスミに帰属します。
無断利用・転載を発見した場合は、法的措置を取らせていただくことがあります。

ミスミのeカタログ

メカニカル部品 | ねじ・ボルト・座金・ナット | 工業用素材 | 配線部品 | 制御部品・PC部品
切削工具 | 生産加工用品 | 梱包・物流保管用品 | 安全保護・環境衛生・オフィス用品 | 研究開発・クリーンルーム用品
プレス金型部品 | プラ型用部品

ご利用にあたって  会社概要

ページトップに戻る